So-net無料ブログ作成
検索選択

家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ−逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で一家5人が殺傷された事件で、長男高之容疑者(30)の借金をめぐり、次男(24)が弁護士に相談する予定だったことが19日、親族への取材で分かった。
 高之容疑者が岩瀬さんから給与クレジットカードなどを取り上げていたことも判明。父親名義のカードを使いネットオークション買い物を繰り返し200万円を超える借金があったといい、岩瀬さんらは法的対応策を検討しようとしたとみられる。
 県警豊川署は、こうした家族の動きが同容疑者を刺激し、事件につながった可能性もあるとみて調べている。 

【関連ニュース
ほう助で無職少年を検察官送致=石巻3人殺傷事件
母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷
刺し傷、5人に計44カ所=事件前、トラブル通報8回
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
小泉被告に死刑判決=「更生可能性ない」

渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)
グループホームの6割、スプリンクラー未設置(読売新聞)
普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」(産経新聞)
トキ 雌が卵1個を巣の外に捨てる 残る2個にふ化可能性(毎日新聞)

校長ら2人に略式命令 東京・杉並の小6天窓転落死(産経新聞)

【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力(産経新聞)

 野菜がおいしい。何気ない風景を見てジーンと潤んでくる。40歳を過ぎ、いわゆるアラフォー世代となり、今まで見向きもしなかったことに感動するようになった。もっと日本を知りたいと、これまでと異なる視点で旅している。おいしいニッポン、美しいニッポン、楽しいニッポン。次の連休は、こんな国内旅行はいかが。

 ■独立“くま”の国

 九州の真ん中に位置する熊本県の球磨(くま)地方は、古き良き日本の雰囲気が色濃く残る地域だ。球磨川は、九州山地から球磨の中心地・人吉を経て、同県第二の都市・八代に流れているが、人吉−八代間は川べりまで山が迫り交通の便が悪かった。そんな立地条件も重なって、球磨藩は、鎌倉時代初期から廃藩置県が行われるまで約700年もの間、相良氏が領主を務め、独自の地域文化を形成していった。 

 球磨藩の石高は公称2万2000だが、実際には10万石もあったといわれている。それほど人吉盆地では米づくりが盛んに行われ、米焼酎(球磨焼酎)の生産につながったのだ。地元のバスガイドも第一声で「球磨の人たちは幕府からやってきた役人さんを焼酎でベロンベロンにして、石高を誤魔化したようです」と話すほどだ。

 人吉市内には現在、球磨焼酎の醸造元が28社あり、蔵を一般公開しているメーカーも多い。銘柄は208にもおよび、蒸留方法(減圧、常圧)や貯蔵方法(樽(たる)貯蔵、甕(かめ)貯蔵、タンク貯蔵、長期熟成)によって、味や香りが微妙に変化する。そんな球磨焼酎をもっと知ってもらおうと、市内の酒販会社が店舗の一角に作ったのが焼酎バー「開(かい)」だ。レトロ調の店内では、球磨焼酎のすべての銘柄を味わえる。

 経営者の鳥越英夫さんによると、樽貯蔵酒は色と香りに優れ、甕貯蔵酒は陶器で熟成させるので味にやわらかさが出てくるのが特徴という。日本酒と比較されることも多いが、むしろ製造過程はウイスキーに似ており、3年以上長期熟成させるとさらにマイルドさが増すそうだ。お店の常連に「刻(とき)の封印」という常圧焼酎を勧められ、「生(き)」(ストレート)で飲んでみたが、とてもまろやか。他にもおすすめ銘柄を決めていたのに5杯、6杯と飲んでしまった。酒のアテは地元産野菜の漬物。これまた、うまい。この旨さ、アラフォー世代にならないと分からないのでは。

 ■飾らぬ温泉郷の魅力

 人吉は温泉郷でもあり、旅館やホテルが球磨川沿いに立ち並ぶ。各施設ご自慢の大浴場や露天風呂が旅の疲れを癒やしてくれるのだが、おすすめは銭湯(公衆浴場)だ。20ヵ所以上ある銭湯はすべて温泉で、中でも公衆温泉「新温泉」は、外観も室内も昭和情緒たっぷり。シャワーやロッカーなどの設備はもちろんない。脱衣場と浴槽が2つあるのみ。映画のロケにでも使えそうな雰囲気だ。脱衣場の看板も昔のまま。最近は観光客に人気という。

 市内を散策すると、多くの歴史的建造物や史跡に出会う。阿蘇山のふもとに鎮まる阿蘇神社(同県阿蘇市)の分霊が祀られている青井阿蘇神社の御社殿は、慶長15年(1606年)から4年間かけて造営されており、平成20年に国宝に指定された。中でも楼門は、上層の軒先の四角に陰陽一対の鬼面がはめ込まれる大変珍しい様式となっている。

 また、西南の役で田原坂の戦いに敗れた西郷隆盛が本陣を置いた永国寺は、「幽霊の掛け軸」が有名。昼間は常時お堂を開放しており、住職が不在の場合でも、ユニークなビデオで解説を聞くことができる。「人吉、仲よし、こころ良し」といわれる球磨の人びとの気質は、今も昔も変わっていないようだ。

【関連記事】
小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会
「出発−6人のアーティストによる旅」東京都写真美術館
志士の面影を思い描き 「街道をゆく」山口・津和野
JR四国が剣山PRにヘッドマーク
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR
“金髪女将”で有名な山形の老舗旅館倒産のカゲに何が…
外国人地方参政権問題に一石

<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
エア・カナダ機、成田に2度緊急着陸(読売新聞)
「援デリ」少女、半月で35万円超稼ぐ 経営者ら逮捕
普天間移設 徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
おじさん犬 警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)

「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月8日、「審査支払機関の在り方に関する検討会」(座長=森田朗・東大大学院法学政治学研究科教授)の初会合を開き、医療保険の審査支払業務の質の向上や効率化に向けた検討を始めた。審査支払業務を担う社会保険診療報酬支払基金と国民健康保険団体連合会については、政府の行政刷新会議の事業仕分けで、「競争原理に基づいて査定率・審査金額の改善が図られるとは思えない。統合を検討すべき」と指摘されている。これについて事務局側は、「『統合ありき』というよりも、統合すべきもの、競争すべきものを議論していただければありがたい」と述べた。

 事務局側は事業仕分けの「統合すべき」との評価について、「正面から受け止めなければならない」としながらも、「競争性の推進によってシステム全体の効率、質を上げるという問題提起が出てきていることも事実」と指摘。「どの部分の統合により質を高め効率を上げるのか、どの部分の競争により質を高め効率を上げるのかを、丁寧に議論する必要がある」と述べた。

 これに対して日本薬剤師会副会長の山本信夫委員は、事業仕分けが言及した査定率・審査金額の競争は「結局はお金の話」と指摘し、競争はよりよい医療のためにすべきとの考えを強調した。また、社会保険中央総合病院名誉院長の齊藤寿一委員は、同じような業務は統合した方がコンピューターの設置などコストの面で効率的だと述べた。

 初会合ではこのほか、支払基金の査定に各都道府県支部の間で差異があるとの指摘や、支払基金と国保連の査定基準の統一が重要な問題との意見が出た。

 同検討会は22日に次回会合を開き、その後は月1回のペースで開催、年内に議論を一巡させる。


【関連記事】
レセプト請求の審査の効率化も協議―厚労省が検討会
レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書
レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針
旧総合病院の外来レセプトも1枚で―厚労省が事務連絡
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承

加藤清正が空港に登場=熊本〔地域〕(時事通信)
<訃報>鍋谷鉄巳さん80歳=元体操五輪選手(毎日新聞)
授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
月山スキー場 オープン 白一色、上部は積雪8メートル(毎日新聞)
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か−家具厚生年金基金汚職(時事通信)

メキシコでM6・9の地震、津波の影響なし(読売新聞)

 【ロサンゼルス支局】米地質調査所(USGS)によると、メキシコ北西部バハカリフォルニア州で4日午後(日本時間5日午前)、マグニチュード(M)6・9の地震があった。

 震源の深さは約32キロ。震源地は米国との国境に近く、ロイター通信によると、ロサンゼルス市内でも市民がゆれを感じたという。

 気象庁によると、この地震による日本への津波の影響はないという。

究極の春を! 農家レストランで新鮮春野菜 (産経新聞)
奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
業務用メールで「つきあって」…焼津市職員停職(読売新聞)
<密約>藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書(毎日新聞)
<企業献金>海洋土木業者がパーティー偽装し資金集めか(毎日新聞)

<東京・江戸川区教委>区立小校長を更迭 保護者と性的関係(毎日新聞)

 東京都江戸川区立の小学校校長(59)が、児童の保護者の女性と不適切な関係になったとして、卒業式を前に今月1日に更迭されていたことが分かった。都教委が懲戒処分を検討している。

 都教委や区教委などによると、元校長は08年ごろ、学校行事で知り合った女性と校長室などで性的な関係を持った。元校長はさらに、女性を同校臨時職員として採用していたという。臨時職員の契約は既に解除されたが、元校長との関係に悩んだ女性が今年2月、区教委などに相談して発覚。区教委が調査をしていた。

 都教委は、区教委と協議して更迭を決定。現在は区教委付とし、自宅謹慎となっているという。卒業生には、後任の校長名の卒業証書が渡された。区教委は「校長として不適切な行為があり、極めて遺憾」としている。【田村彰子、真野森作】

板橋区役所で電話不通 交換機の故障か(産経新聞)
橋下知事「北朝鮮から批判され光栄」(読売新聞)
<友政懇偽装献金>首相元秘書、即日結審へ(毎日新聞)
そごう社員、認知症女性に7000万円分売りつけ(読売新聞)
「初めて知った」鉢呂議員、訂正検討 虚偽記載認める(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。