So-net無料ブログ作成
検索選択

内閣官房、人事一新検討=組織見直しも−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相らを補佐する内閣官房の体制について「全体ができるかどうかは別にして、基本的なところについては人事を変えるという考え方の下に検討している」と述べ、18日召集の通常国会をにらみ、人事の大幅入れ替えを検討していることを明らかにした。
 鳩山内閣は昨年9月の発足時、麻生前内閣当時の人事をほぼ引き継ぎ、福田進、林景一、西川徹矢の各官房副長官補や、伊藤哲朗内閣危機管理監、小川洋内閣広報官、三谷秀史内閣情報官らを再任している。平野氏の発言は、これらの人事の見直しを念頭に置いたものとみられる。
 平野長官は「新しい政権になったという意味で一新していこうということだ。より政治主導を進めていく」と強調。また、内閣官房の組織について「スリムな組織、もう少し指揮・命令がはっきりする組織にしていきたい。法律的に担保されている組織も、政治的につくっている組織もある。見直しを順次進めていきたい」と述べた。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

人生は奇なり
v14403h2のブログ
アムハラ語を読めるようになるために
w8w55k9dのブログ
z8ileuk1のブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。